車両航行手不足で配送向上が進もうとやる

車両乗員の片手落ちが深刻化する中央、リレー仕方をプロローグしようと始める行き来があるそうです。これは領地交通省が推奨している仕方で、配送未来がそれぞれのお出かけ地のら、その中ごろ箇所で荷を交換するというものです。そうすれば、遠距離の維持オペが減り、乗員への重荷も軽減でき、荷がない状態で運行する空車も減らせるので、配送業務の大幅効率化につながります。しかしこれを実現するには企業間のフォローが欠かせませんが、イオンと花王が協力に踏み切ったそうです。輸送会社間での共著オーダーなどはとうに行われていますが、イオンと花王のような一流販売や製造元が車両の輸送で協力するのは桁違いだそうです。車オペの事業の有効求人オッズは2ダブルを超えているそうで、web転売の倍加などによる配送支出に追い付かない状況が連なるようです。そういった形で輸送進化が進められていますが、将来的にはオートオペ戦法やド貸付などによって、どんどん進化されて出向くのだろうと思いました。

道場1つの未知の地域を散策していると……

「A・Iさん。俺も朝から農作業でボロッボロです。今から夕方まで仮眠をとるから、その間はN・Mさんから更に指示がなければ自由にしてていいよ」
 それは、まるっきり係員ところしからぬN・Hの仕打ちだった。
「分かりました」
 のちM・Tは外出し、我々はN・Hと同じように仮眠を採り入れることにし、ゆっくりとした動きで、どっか女子ひとりで羽根休めできそうなゆとりはないかと道場タイミングのあらゆる場所を洗い浚い探索した。
 二階層には回廊を挟んでN・Mのライブラリーの向かい側にのち1つ別の客間があった。入口が開けっ放しになっていてインナーが真っ裸のライブラリーは善良なN・Mらしく、一概に整理されていた。
 さらにの客間は入口が閉まっていたがインナーは一体——。
「A・Iさーん!」
 まったく一階層から駆け抜けのぼってくるかのように響き渡るM・Mの野太い所見が流れるなり、我々は反射的に客間のノブに掛けた手段を放すと一目散にプロセスを駆け抜け下りて一階層に戻った。
(な、何事か……)