花のつくりや形などについて勉強していました

花の形などについて勉強しました。単子葉類は、花びらの数は3枚かその倍数です。単子葉類はイネ科、ユリ科、ラン科、ツユクサ科があります。イネ科は、花びらはありません。ユリ科は、花被が6枚あります。ラン科は、左右対称でつりがね形です。ツユクサ科は、花びらは3枚でおしべは6枚です。次は、双子葉類離弁花(花びらはバラバラになる)についてです。花びらの数は4枚か5枚です。花びらのないものもあります。双子葉類離弁花はドクダミ科、ナデシコ科、アブラナ科、バラ科、マメ科があります。ドクダミ科は、がくも花びらもありません。おしべは3本です。ナデシコ科は、花びらは5枚でおしべは5〜10本です。アブラナ科は、花びらは4枚で長いおしべは4本です。バラ科は、花びらは5枚でおしべは多数あります。マメ科は、ちょう形で花びらは5枚です。このようなことを学びましたが、知らないことばかりだったので勉強して良かったなと思いました。