ベーリングやオチョアなどの人物を勉強した

人物について勉強をしました。1890年にベーリング(ドイツ)、北里柴三郎(日本)が血液療法を完成させました。1897年に、志賀潔(日本)が赤痢菌を発見しました。1900年に、パブロフ(ロシア)が条件反射の研究をしました。1901年に、ド・フリース(オランダ)が突然変異説を作りました。1901年に、ラントシュタイナー(オーストリア)がABO式血液型を発見しました。1926年に、モーガン(アメリカ)が遺伝子学説を作りました。1927年に、マラー(アメリカ)が遺伝子の人工突然変異を創出しました。1931年に、木原均(日本)が植物染色体数を研究をしました。1935年に、スタンリー(アメリカ)がタバコモザイクウイルスを結晶化しました。1937年に、オパーリン(ソ連)が「生命の起源」を作りました。1952年に、オチョア(スペイン)が光合成の過程と発酵の過程を解明しました。知らないことを知れて良かったです。

朝からバラエティー番組を見たり勉強をした

朝から、いつも見ているバラエティー番組をやっていたので見ました。1つは朝から放送されていましたが、もう1つは昼過ぎから放送されていました。久しぶりに見たのですが、最近その番組に出ている人のことでいろいろと報道されていたので、複雑な気持ちで見ていました。あまり見ないようにしていました。他の人もSNSなどで言っていた人もいたので、複雑な気持ちで見ているんだろうなと思いました。次は、勉強をしました。野草などについて勉強しました。生育型は、生育しているすがたのことをいいます。ほふく型はシロツメクサ、カタバミ、ジシバリがあります。ほふくから直立するのは、カキドウシがあります。ロゼット型はタンポポ、オオバコ、オニタビラコがあります。くさむら型はスズメノカタビラ、ニワゼキショウがあります。分枝型はハコベ、オオイヌノフグリ、ツメクサがあります。ロゼットから分枝は、キュウリグサがあります。とても勉強になりました。

鳥類のことと節足動物などについて勉強した

鳥類について勉強しました。鳥類は、スズメ・ニワトリ・アカゲラ・カモ・ワシ・ペンギン・ダチョウなどがいます。ハ虫類は、カメ・トカゲ・カメレオン・ヤモリ・ヘビ・ワニなどがいます。両生類は、カエル・イモリ・サンショウウオなどがいます。魚類は、タツノオトシゴ・マンボウ・イワシ・マグロ・ドジョウ・メダカ・フナ・ウナギ・シーラカンス・エイ・サメなどがいます。円口類は、ヤツメウナギ・メクラウナギがいます。次は節足動物です。昆虫類は、トンボ・バッタ・カマキリ・トビムシ・アリ・チョウ・ハエ・アブ・ハチ・カブトムシ・セミなどがいます。多足類は、ゲジ・ムカデ・ヤスデなどがいます。クモ類は、クモ・ダニ・サソリ・カニムシなどがいます。甲殻類は、ミジンコ・フジツボ・フナムシ・ダンゴムシ・ワラジムシ・エビ・カニなどがいます。尾索動物は、ホヤなどがいます。頭索動物は、ナメクジウオがいます。知らない動物の名前もあったので勉強になりました。

アップグレード自力で対処できたので、よかったです

 数日前から自宅で使っているパソコンのアップグレードの作業を行っておりました。最初は、無料アップグレードのお知らせが届いて履いたのですが、それをほったらかしにしておりました。今回、とあるソフトを仕事で使わなくてはならない状況になりまして、そのソフトをパソコンに入れるためにアップグレードが必要になったので、調度良かったです。
 そこで、パソコンのアップグレードをする訳ですが、そのアップグレードには成功しました。ただ、そのアップグレードの作業のついでに別のシステムもアップグレードしました。このアップグレードによって、普段から使っているデザインソフトを動かす事ができなくなってしまいました。そのソフトを機能させるために一旦アップグレードしたシステムをアンインストールして、その後ダウングレードをしないとならない状況になりました。その方法がわからず、システム開発会社やパソコンの開発会社に問い合わせました。「教えてあげるからお金を払え」となったので、自力で対処しました。対処出来たので、よかったです。

誉めると伸びるの定説に限界を感じる今日この頃

どちらかと言うと厳しく怒鳴られ、はったおされながら育った私にとって誉めて伸ばすという教育にはじめから抵抗があったのかもしれません。

それは我が子に対してもそうですし、職場内の人材育成にも当てはまります。

息子が一生懸命描いた絵を『すごい上手!カッコいいね!』と褒めるのですが、後が続かないんですね。
職場の後輩にも『よっしゃ!やったじゃん!出かした!』とすごいテンションで褒めるのですが、そこまでなんですよ???。

結局、自分の問題なんですが、ボキャブラリーが足りないというか、いざというときに相手が『ありがとうございます!次も頑張ります!』とやる気みたいな力を引き出せる一言が出ないんですよね。今の最大の悩みでして、自分磨きに余念がありません。

自己啓発本を読んだり、ネットで調べたりと努力するのですが、なかなか思うようにいきません。相手が人間なのでこうあるべきという形があるわけではないと思いますが、答え探しにやきもきしています。

相手を思いやり大事にする心が育てて伸ばす秘訣なんでしょうね。

産業構造の変化と中小企業のことなどについて

産業構造について勉強しました。一般に、経済が発展するにつれて第1次産業(農・林・水産業)の比重が低下し、第2次産業(鉱・工・建設業)や第3次産業(商・金融・運輸通信・サービス業など)の比重が高まる傾向にあります。このような傾向を発見者の名前にちなんでペティ・クラークの法則といいます。日本では、高度成長期を通じてこの傾向が急速に進み、就業者数の半数近くを占めていた第1次産業従事者の割合は低下し、第2次産業・第3次産業従事者の割合が増加しました。一方、1973年の石油危機をきっかけに従来の「重厚長大」産業に代わって、エレクトロニクス(電子工学)関連産業や情報関連産業といったいわゆる「軽薄短小」産業が急成長しました。このように、農林水産業から鉱工業、軽工業から重化学工業、さらには知識集約型産業へと移行していくことを産業構造の高度化といいます。このことを勉強して、知らないこともあったので学べて良かったです。

プレゼントにも人気!紫陽花の素敵な花言葉

最近ごちゃごちゃしてきたので、ラックの箱の中を片付けていたら、折り紙を見つけました。
懐かしい〜。
昔は良く折り紙で紫陽花の花を折っていたものです。

しばし思い出に浸っていたら、紫陽花の花言葉を思い出しました。
紫陽花の花言葉は「移り気」。
確か、花の色が場所によって変わるからと聞いた覚えがあります。
紫陽花はきれいで好きだったのですが、その花言葉を知ってからはなんとなく素直に好きと思えなくなっていました。
紫陽花には申し訳ないんですけど。

しかし、最近プレゼントに紫陽花が人気のようで、お店でも様々な品種の紫陽花を見かけます。
プレゼントには向かなそうなのに何故だろうと思って、花言葉を調べてみました。
そうしたら、たくさんの花言葉が出てきました。
「移り気」はもちろん、「冷淡」「高慢」といったあまり良い意味ではないものもありました。
でも、「元気な女性」「寛容」「謙虚」「一家団欒、家族の結びつき」など、良い意味も同じくらい出てきました!

「一家団欒」や「元気な女性」などは家族や女性へのプレゼントに良いですね。
こんな素敵な意味があるなら、プレゼントとして人気があるのも納得です。
今後はプレゼントに紫陽花も候補に入れておこうと思います。

添付ファイルの危険性のことについて勉強した

添付ファイルなどについて勉強しました。添付ファイルからコンピュータウイルスに感染することもあるため、うかつに開かないように注意する必要があります。特に、知らないメールアドレスからの添付ファイルは絶対に開いてはいけません。また、たとえメールアドレスが友人や知人のものであっても、メールの本文に添付ファイルに対する説明文がない場合や、本文がなく単に添付ファイルのみが送られてきた場合には、コンピュータウイルスに感染している確率が高いため、添付ファイルを開いてはいけません。インターネットによる情報の収集は、さまざまな入手経路が考えられます。主な情報の入手先としては官公庁や企業、個人が作成したWebページなどがあります。またWebページのほかに、企業や個人が主催するメールマガジンやメーリングリストなどもあります。情報の正確さという面では、官公庁や企業のWebページは信頼性が高いが、誰もが比較的容易に情報発信できるというインターネットの特性から、個人のWebページとでは信頼性に差があります。迷惑メールには騙されないようにしたいです。ベルタ酵素 購入