医師が引退することになって困ってしまいました。

昨日病院から電話をもらいました。主治医が体調を崩し復帰は無理だろうという内容でした。必要な書類は事務員がお渡ししますと言ってくれましたが、そんなことより先生の病状が心配でたまりません。初めて信頼できる医師に会えたと喜んでいました。先生のおかげで挑戦できたことは数多く、いつも先生が何と言ってくれるかを考えて行動していました。信頼ってそういうものなんですね。今後の事を考える余裕などなく、ただ落ち込んでしまいました。私の様な医者嫌いに、通院するのを楽しくさせえてくれた人でした。できる事ならすぐにお見舞いに伺いたい気持ちでいっぱいなんですが、そこまでしていいものかも判断出来ずにいます。先生から指示がないと自信が持てない状況なんですね。弱い自分を恨めしくも思います。初診の時からご高齢な事は分かっていました。ご自身も引退はいつも考えていると仰っていましたが、まさか今なのかと思ってしまいます。患者が出来る最高の恩返しは病気を治す事だといつも仰っていました。ならば何としてでも病気を治し、先生に報告する事だけを考えるべきなんですよね。でも今はただ気が抜けてしまい、何も考えられません。明日起きたら気合を入れ直さねば。